日本歯科新聞

間葉系幹細胞の投与で
歯周病の進行抑制

愛知学院大学歯学部の本田雅規教授と日本大学歯学部の井口慎也非常勤医員らは、間葉系幹細胞が歯周病の進行を抑えるのをマウスを使った実験で明らかにした。

(写真説明)マイクロCT像。(上)正常像。(中)糸を巻いただけの群は骨の吸収が進んでいる。(下)糸を巻いて間葉系幹細胞を投与した群は骨の破壊を抑制している。

トップ記事写真

アポロニア21

2018年3月号

アポロニア表紙画像

特集

「スタッフ争奪戦時代」を生き抜く

  • 17:45退勤ルールで子育て世代のスタッフ確保
  • 多様な働き方に対応したスタッフ操縦法
  • 今どきの受付・助手採用戦術
  • アウトソーシング事務長が担う戦略業務

小林加枝/小畑 真/畑中義雄/今野賢二/栗林歯科医院/エン・ジャパン(株)ほか

  • レポート

    助成金、補助金の効果的な活用

    清水厚史

  • レポート

    中国3大国際デンタルショーで見えた潮流

    久保寺 司

  • レポート

    シケン本社技工所の例 デジタル化で社員教育の効率アップ

    (株)シケン

  • レポート

    健康情報発信の作法

    上野清香

  • 院長インタビュー

    砂川 稔

    (千葉県・医療法人社団日恵会 砂川歯科袖ヶ浦医院)

  • あの先生のライフスタイル

    弘岡秀明(東京都・スウェーデン デンタルセンター 医療法人社団北欧会 弘岡歯科医院)

  • 安田登編集室

    「大量閉院時代」の注意点

    黒田めぐみ/安田 登/水谷惟紗久