日本歯科新聞

優香さんが13代目横顔美人-E-ライン・ビューティフル大賞

歯並びが良く、美しい横顔の女性に贈られる2007年度「E─ライン・ビューティフル大賞」に、女優の優香さんが選ばれた。日本成人矯正歯科学会が広報活動の一環として実施しているもの。

台湾から障害者ら相模原歯を視察

障害者歯科の在り方を学ぶため、台湾から障害者視察団が6月21日、神奈川県の相模原口腔保健センターの障害者歯科診療所を見学し、相模原歯科医師会と交流を深めた。視察団は台湾の障害者歯科学会と行政関係者、台北立八里愛心学院の生徒と介助者ら全60人。

医療安全管理で「歯科衛生士の役割大きい」-海野東医歯大院教授が改正医療法で講演

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の海野雅浩教授は、平成19年の改正医療法で医療安全管理が義務付けられたことで「歯科衛生士の役割が大きくなる」とし、インシデント情報収集や分析をしながら、対策を検討することが必要と提言した。

市立札幌病院問題控訴審 第3回公判開かれる

歯科医師である口腔外科医の救急研修が「専門外の医療行為」に当たるとして、医師法違反の罪に問われた元市立札幌病院救命救急センター部長の医師、松原泉被告に対する控訴審の第3回公判が6月7日、札幌高裁(矢村宏裁判長)で開かれた。

第71回総会開かれる-日学歯

日本学校歯科医会の第71回総会が東京・市谷の新歯科医師会館で開かれ、平成18年度の事業報告や収入支出決算など8議案を可決した。

市役所に「不要入れ歯回収ボックス」設置-千葉県鎌ヶ谷

不要な部分入れ歯の金属部分をリサイクルし、得た益金を日本ユニセフ協会等に寄付するため、千葉県鎌ヶ谷市役所に6月20日、「不要入れ歯回収ボックス」が設置された。

歯科技工物海外委託問題「保険の対象は困難」-仙谷議員の質問に厚労省が回答

国外で作成された補綴物について厚労省は、「質が一律に担保されているとは言えない」とし、「老人保健法や医療保険各法の療養の給付又は医療の対象とするのは困難」との見解を示した。仙谷由人衆院議員(民主党)が6月14日に提出した質問主意書に答えたもの。

医療提供体制で提言-健保連

医療保険制度の持続可能性を高めるため、健康保険組合連合会は6月14日、医療提供側に求められる改革の方向性についての提言「これからの医療提供体制と健保組合の役割」を発表した。

2,407億円の赤字-19年度健保組合予算早期集計

健康保険組合連合会は6月14日、2,407億円の赤字となる平成19年度健保組合予算早期集計結果を発表した。

セカンドオピニオン利用状況を調査-中医協部会

中医協は6月20日、診療報酬改定検証部会を開き、セカンドオピニオン外来実施医療機関の利用状況や生活習慣病管理料算定保険医療機関における患者調査を行うことを了承した。

6万7,575施設-19年3月歯科診療所数

厚労省の施設動態調査による平成19年3月末現在の歯科診療所数は全国で6万7,575施設となり、前月より82増えた。

治療に新たな可能性-薬物性歯肉増殖症

日本歯科薬物療法学会のシンポジウムで、薬物投与による薬物性歯肉増殖症の現状や新治療の可能性が示唆された。

社会歯科学研究会が設立総会

行政、歯科医師、教育関係者らで構成する社会歯科学研究会の設立総会が6月17日、東京都千代田区の日本大学歯学部大講堂で開かれた。

日中デンタルフォーラム 北京で開催

日本と中国の歯科医療従事者及び歯科関連企業が参加する「日中デンタルフォーラム」が6月6日、中国の北京市で開かれた。

みんなの歯科ネットワークが設立記念シンポ

患者と現場の医療従事者が不利益を受けない医療保険制度を考えようと設立されたNPO法人「みんなの歯科ネットワーク」の設立記念シンポジウムが6月17日、東京・永田町の星陵会館ホールで開かれた。同シンポのテーマは「歯科発 現在の医療保険制度は本当に安全で安心か? 医療情報の公開がもたらすもの」。

中国産歯磨剤 新たに5製品回収

旅館やビジネスホテルなどで利用されている中国産の歯磨剤からジエチレングリコールが相次いで検出された問題で、新たに5製品から未表示分が検出され、自主回収が行われている。

後期高齢者医療で歯科の役割強調-大久保日歯会長

自民党の若手衆参議員を中心に、医療行政における歯科医療の役割を再検討する場として設置された「真の歯科医療を勉強する会」の第8回勉強会が6月21日、衆院第1議員会館内で開かれた。日歯からは大久保満男会長や近藤勝洪副会長、渡辺三雄常務理事、日歯連盟からは鴨田博司、新井謙寿の両常任理事が出席した。

 

歯科技工物海外委託問題で技工士の有志が国を提訴

歯科技工物作成の海外委託問題について、国が適切な対応をしていなかったとして6月22日、「訴訟を起こして歯科技工士を守る会」は、国を相手取り総額1億3,600万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。

  

「健康ITカード」に社会保障番号制導入検討

柳澤伯夫厚労相は6月15日の閣議後の会見で、同省が導入を検討している「健康ITカード」に社会保障番号制度機能を盛り込む考えがあることを明らかにした。

  

20年度予算削減強調 「骨太方針」まとまる-経済財政諮問会議

経済財政諮問会議は、6月19日の会合で「経済財政改革の基本方針(骨太方針)2007」をまとめた。経済の成長力の強化を前面に打ち出すとともに、来年度予算編成については「最大限の削減を行う」との文言を明記した。

  

日医会長「骨太方針」に反発

日本医師会の唐澤祥人会長は6月20日の会見で、経済財政諮問会議の骨太方針に対し、「医療費はこれまでも厳しく抑制されてきた。診療報酬を引き上げ、行き過ぎた改革から引き返すべき」との考えを示した。

介護事業撤退を表明 訪問歯科診療にも影響か-コムスン

訪問介護最大手のコムスンが事業所開設の虚偽申請で指定停止処分を受けた問題で、同社の樋口公一社長は6月13日、厚労省を訪れ、阿曽沼慎司老健局長らに来年3月末まで、責任を持ってサービスを提供することや事業の譲渡先をグループ外にすることを正式に伝えた。コムスンは訪問歯科診療も手掛け、5月31日現在で114の歯科医院が提携しており、事業撤退による提携歯科医院への影響が懸念される。

中国製歯磨剤 未表示のジエチレングリコール国内販売品で検出

厚労省は6月15日、日本で販売されている中国製の歯磨剤3製品から原材料に表示されていないジエチレングリコールが検出されたと発表した。いずれも小売店などで市販されているものではなく、ビジネスホテルなどで利用されるもの。

福岡県警 夢みるこども基金への名誉毀損等で河原氏ら取り調べへ

金属冠リサイクルで福祉活動、各種イベントを行っている「夢みるこども基金」に対し、約2年にわたり偽計業務妨害、名誉毀損を続けたとして、福岡県警は、河原英雄、河津寛、増田純一の3氏らに対して捜査を開始した。

都が麻酔研修で連絡会議-三井記念病院問題

東京都千代田区の三井記念病院が歯科医師に不適切な医科麻酔科研修を行っていた問題を受け、都は6月8日、都内の歯科大学・歯学部5校の代表者を集め、「歯科医師による医科麻酔科研修に関する連絡会議」を開いた。

骨太方針の原案を了承 診療報酬見直し明記-経済財政諮問会議

経済財政諮問会議は6月12日、平成20年度予算の考え方を明記した骨太方針の原案を了承した。特に社会保障分野については、生活習慣病対策、介護予防の推進など予防関連を推進する一方で、診療報酬・介護報酬の見直しの文言が明記された。

18年度決算など承認-8020推進財団

8020推進財団の第20回評議員会が6月13日、東京・市谷の新歯科医師会館で開かれ、平成18年度事業報告及び収支決算報告、監査報告の議案が承認された。

歯科は件数、金額減少-支払基金3月分

社会保険診療報酬支払基金による平成19年3月診療分の総計確定件数は8,028万4千件、金額9,343億9,900万円。歯科は921万5千件、857億1,700万円。

産婦人科医が歯科との関係で「連携必要」

産婦人科医の多くは「歯科に関する情報が欲しいのに、収集できない」と思っている―4月に開かれた第59回日本産婦人科学会の参加者を対象に行ったアンケート調査で分かった。

歯科技工士の勤務実態「再調査必要なし」-厚労省が大久保議員(民主)に回答

「長時間・低賃金」と指摘される歯科技工士の勤務実態の再調査について、厚労省は「行う必要がない」との考えを明らかにした。民主党の大久保勉参院議員が扇千景参院議長に5月21日に提出した質問主意書に答えたもの。

石井選挙で決起大会-全国歯科大同窓・校友会

全国歯科大学同窓会・校友会は6月10日、7月の参議院選挙に出馬する石井みどり候補の総決起大会を東京・有楽町のよみうりホールで開き、歯科医師ら約1千人が出席した。

参院選「臨戦態勢に入った」-会見で永山日歯連盟会長が発言

日本歯科医師連盟の永山一行会長は6月15日、理事会後の会見で7月の参議院選挙投票日まで約1カ月となったことを見据えて「臨戦態勢に入った」と発言し「石井みどり候補を必ず国政の場に送りこまなければならない」との考えを強調した。

歯科医師臨床研修が資質向上に「貢献」8割-厚労科学研究事業で調査

平成18年度に必修化された歯科医師臨床研修制度で、「少しは」を加えると研修歯科医や管理型・単独型及び協力型臨床研修施設の8割以上が、歯科医の資質向上に「貢献した」と答えている。厚生労働科学研究事業の平成18年度補助金での調査結果によるもの。

支払基金歯科診療分 金額は10年連続で減少

社会保険診療報酬支払基金が発表した平成18年度(18年3月~19年2月)診療分の確定件数は8億4,031万8千件、金額1兆214億4,100万円で、前年に比べ件数は伸びたが、金額は減少した。歯科は1億574万4千件、金額9,583億3,900万円。

医療コストの合理化提言-財制審が20年度予算編成で報告書

財務省の財政制度等審議会は6月6日、医療提供コストの合理化や公的給付の範囲の重点化などを柱とした「平成20年度予算編成の基本的な考え方」を取りまとめ、尾身幸次財務相に提出した。

レセオンライン化 前倒し実施求める-規制改革会議が第一次答申

レセプト請求については一部例外を除き平成23年までに原則完全オンライン化が厚労省令で規定されている。規制改革会議は、同オンライン化について、「例外なく完全な実現が効果を発揮する」として、例外の一部医療機関も含め、期限を待たずできる限り前倒しに実行することが肝要との考えを示した。

衛生士法改正に5万人弱が署名

日本ヘルスケア歯科研究会は6月4日、歯科衛生士の業務に関する誤った法解釈の是正を求めるとともに、歯科衛生士法の改正を求める署名と陳情趣意書を厚労省の柳澤伯夫大臣宛てに提出した。署名は約20日間で4万8,588人分集まったという。

日歯が読売新聞社と国民向け「歯の健康シンポ」開催

国民に向けて歯と口の健康の大切さをアピールする「歯の健康シンポジウム」が6月2日、東京・有楽町のよみうりホールで開かれた。日本歯科医師会と読売新聞社主催で、2007年のテーマは「『食育』は歯の健康から」。

ビューティアドバイザー養成講座始動-日本アンチエイジング歯科学会

日本アンチエイジング歯科学会認定のビューティアドバイザー養成講座が6月3日、東京都千代田区の日本歯科大学九段ホールで開かれた。

保団連が患者向けパンフ2種作成

全国保険医団体連合会は、「知ってトクする! 医療・介護・税金の負担軽減策」と「みんなの願いは保険のきく範囲をひろげて?歯科医療に関する患者アンケート結果から」の2種類のパンフレットを作成した。

矯正歯科治療中の「元気な笑顔」写真-日本臨床矯正歯科医会が募集

矯正歯科治療中の「元気な笑顔」の写真を日本臨床矯正歯科医会が募集している。矯正治療中の人がより前向きに治療に取り組めるよう実施する「ブレーススマイルコンテスト」で、今回が3回目。応募締め切りは8月24日。応募資格・規定などの詳細、問い合わせは広報事務局フリーダイヤル0120-786-212、ホームページhttp://www.orthod.or.jp/まで。

インプラント埋入過程解析できるトルク計-プロテックが昭和大と共同開発

トルク計の設計、製造メーカーのプロテックが昭和大学と共同で、インプラントの埋入、撤去過程を解析できるトルク計を開発した。

東歯大同窓会贈収賄事件で「調査チーム立ち上げ検討」-柳澤厚労相

前東京都社会保険事務局指導医療官を巡る贈収賄事件で柳澤伯夫厚労相は6月7日、同問題に対する調査チームについて「必要があれば立ち上げる」との考えを示した。ただ、「当面立ち上げる日程を具体的に持っているわけではない」と今すぐに立ち上げる考えがないことを強調した。

内山前日歯専務理事ら3人起訴-東歯大同窓会贈収賄事件

診療報酬明細書の指導、監査などを巡る贈収賄事件で東京地検は6月6日、栃木社会保険事務局の佐藤春海指導医療官を収賄罪で、前日歯専務理事で東京歯科大学同窓会東京地域支部連合会の内山文博前会長、同大同窓会東京地域支部連合会の大友好元会長を贈賄罪で東京地裁に起訴した。

歯科技工物の海外委託 国に損害賠償請求へ

歯科技工物作成の海外委託について歯科技工士の有志は、国が適切な対応を怠っていたとして損害賠償を求め、法務大臣の長瀬甚遠氏を東京地方裁判所民事部に6月22日、提訴する。提訴を決めたのは、東京都世田谷区で開業する歯科技工士の脇本征男氏が代表を務める「訴訟を起こして歯科技工士を守る会」。

学生部門で日本の3人が受賞-世界歯科衛生士賞

優れた歯科衛生士に贈られる「世界歯科衛生士賞」の学生部門に日本の宮城高等歯科衛生士学院の卒業生3人が選ばれた。受賞したのは応募当時3年生の西村朋美さん、高橋ちぐささん、高橋絵理さん。

「規制すべき標榜最小限に」-厚労省医政局長

厚労省医政局長の松谷有希雄氏は、医療機関の診療科名を4割強廃止し、「総合科」を新設するとの報道を受け、医療法改正による広告の規制緩和の関連として、「規制すべき標榜科を最小限にしたい」との今後の方向性を示した。

日歯義援金759万円集まる-能登半島沖地震

今年3月25日に発生した能登半島沖地震で日本歯科医師会は5月24日の会見で、総額759万円の義援金が集まったと発表した。義援金は石川県歯科医師会に渡される。

特定保険医療材料の価格調査を承認-中医協

中医協は5月30日、保険医療材料専門部会を開き、平成19年度特定保険医療材料価格調査の実施を決めた。

32道県で人口が既に減少

わが国の人口は2000~05年にかけて既に32道県で減少し、25年以降はすべての都道府県で減少する。国立社会保障・人口問題研究所が5月29日に発表した「日本の都道府県別将来推計人口(平成19年5月推計)」によるもの。

  

「国民のための情報発信」-歯技協総会で読売新聞の渡辺氏が講演

読売新聞・医療情報部デスクの渡辺勝敏氏は、国民が最良の補綴物を手にするためには、情報を広く知らしめる必要があると訴えた。日本歯科技工所協会が5月13日、長野県上諏訪で開いた第41回通常総会の特別講演で話したもの。

  

第45回ISO/TC106会議 09年に大阪で開催

 ISOの歯科専門委員会(TC106)の第45回会議のホスト国を日本が務めることが決定した。2009年10月5~10日、大阪市の大阪国際会議場とリーガロイヤルホテル大阪で開かれる。運営は日本歯科医師会と日本歯科材料器械研究協議会が務める。

   

全国代表者会議で石井選挙の後援活動など周知-日歯連盟

日本歯科医師連盟は5月31日、全国都道府県・郡市区歯科医師連盟代表者連絡会議を東京都千代田区の九段会館で開き、7月の参議院選挙に向けて石井みどり候補の後援会や選挙活動などについて周知した。

   

渡辺日歯常務理事 20年度改定で「政治の力必要」

日本歯科医師会の渡辺三雄常務理事は、平成20年度診療報酬改定でプラス改定にするためには「政治の力が必要」との考えを示した。日本歯科医師連盟が5月31日に開いた全国都道府県・郡市区歯科医師連盟代表者連絡会議の日歯報告で述べたもの。

   

診療報酬改定基本問題検討チームが報告書

日本歯科医師会の診療報酬改定基本問題検討チームは、平成20年度改定を骨子とした「歯科診療報酬のあり方に関する現時点での考え方」の報告書をまとめた。